ネクストフードラボは、
これからの「食」を創る人のための
先端情報とレシピを発信する場です。

消費者意識からひも解く2024トレンド予測②
~パフォーマンスを重視する消費者が求める商品とは~

  • 印刷する

本シリーズでは 、2023年の主な出来事や消費トレンドを振り返りながら、さまざまなデータ分析ツールやミヨシ油脂独自の調査データをもとに詳しく分析。
そして、2024年に起きるであろう社会の変化や消費者意識の変化に基づいて選出した3つのトレンドキーワードを軸に、2024年の消費トレンドをずばり、予測します。
資料をダウンロードしていただき、食品の新商品開発やトレンド把握などにご活用いただけると幸いです。
※当記事、当資料は主に流通食品を対象に分析・予測しました
※掲載している画像はダウンロード資料から抜粋しています

↓より詳細な内容をすぐに知りたい方はこちらの画像をクリックしダウンロードしてください↓


本記事では、1つ目のトレンドキーワード「パフォーマンス重視消費」についてご紹介します。

キーワード1. パフォーマンス重視消費

値上げや節約を意識しながらも、パフォーマンスを重視して価値があると判断した商品は購入するという消費行動です。
コスパ(コストパフォーマンス)、タイパ(タイムパフォーマンス)、ヘルパ(ヘルスパフォーマンス)、スペパ(スペースパフォーマンス)の主な4つのパフォーマンスについて、独自のアンケート結果をもとにその実態をひも解きました。

ここでは、購入時に重視するパフォーマンス(年代別)の結果をご紹介します。
どの年代でも、「価格の割に価値があること」「手軽であること」が重視されていました。
30~40代では、「手軽であること 」「時短になること」の値が他の年代と比べると高く、タイパ意識の高さがうかがえました。
60代以下と70代で重視度合いが大きく異なったのが「健康に良いこと」でした。60代から70代にかけて、健康への意識が高まる時期であると言えます。

また、「コスパ」「タイパ」「ヘルパ」「スぺパ」の4つのパフォーマンスについて、それぞれどのような要素に魅力を感じ、購買意欲を刺激するのかについても明らかにしました。
例えば、男性はボリュームがある商品にコスパが良いと感じる傾向があるのに対し、女性はぜいたく・本格的な商品にコスパが良いと感じる傾向がありました。

以下の画像をクリックしてダウンロードできる資料では、より詳細なデータをご覧いただけます。食品の新商品開発やトレンド、消費者意識の把握などにお役立ていただけますと幸いです。

↓より詳細な内容はこちらの画像をクリックしダウンロードしてください↓

他のキーワードの詳しい内容は、下記リンクより記事をご覧ください。

キーワード2. シン・SDGs 消費者に求められるかたち

キーワード3. 対・物流クライシス

次回予告

次回以降に配信する記事では、「パン」「菓子」「飲料」といった商品ジャンルに関連する「パフォーマンス重視消費」に基づいた商品や、その商品のレシピをご紹介いたします。次回は「パン」編をお届けします!

おすすめ記事

これからの「食」を創る人のための先端情報とレシピ

NEXT FOOD LAB 記事一覧
MIYOSHI MIRAI PLATFORM

FOODS

  • NEXT FOOD LAB
  • BAKING STUDIO

CHEMICALS

  • エポフロック