ベーキングスタジオは、
これからの製パン・製菓に役立つ
情報とレシピを発信する場です。

サ・マーシュ様(兵庫)『ルーレ・ブリエ』への採用事例

  • 印刷する

ミヨシ油脂の製品をお使いの、お客様をの声を掲載しています。サ・マーシュ様『ルーレ・ブリエ』への採用事例をご紹介。

【採用事例紹介】

recipe_nishikawachef_roule_brie_1

店名:サ・マーシュ様

採用商品名:『ルーレ・ブリエ』

パン・ブリエ生地を細くのして、サブールを塗って焼いたルーレ・ブリエはバターと塩味が絶妙で後引くおいしさです。西川シェフから、サブールを塗って焼くと焼き上がりの断面がきれいに仕上がり、さらに焼成後もサブールを塗ることで、パンにしみ込みカリッとした食感に仕上がるとポイントを教わりました。

ご使用のミヨシ油脂製品 サブールアトラクトリッチ

サ・マーシュ
西川 功晃 シェフ

サブールはバターの風味が上品で、冷蔵庫で固まらないので、すぐにパンに生地塗ったり、焼き立てのパンに塗れるのがいいです。ブール・クラリフィエ(beurre clarifie 澄ましバター)のように溶かす必要がなく、酸化を気にしないでいいのも気に入っています。 冷たいメニューへの応用など、可能性が広がります。

西川功晃シェフ

京都生まれ。広島アンデルセン、東京のオーボン・ヴュータン、東京と芦屋のビゴの店を経て、渡仏。神戸のレストランコムシノワの荘司索オーナーに出会い、1996年、荘司氏とともにブランジェリーコムシノワ、続いてブランジェリーコムシノワアンドオネストカフェをオープン。2010年、神戸北野に、サ・マーシュをオープン。2018年に一度、お店を休業し、店をリニューアル。原点に立ち返って、再開後はほぼ一人でパンを焼き、奥様の文さんと二人三脚で、日常に寄り添ったシンプルなパンを提供している。

【採用店舗紹介】

パンと暮らしの店 Ca marche(サ・マーシュ)

所在地兵庫県神戸市中央区山本通3-1-3
開店年2010年
スタッフ2名(西川シェフと奥様の文さん)、お手伝いに数名
お店のこだわり季節感と素材の持ち味を生かし、よりシンプルに心を込めて作っています。
購買層40~50代女性(圧倒的に女性が多い)
人気商品パン・ド・カンパーニュ、ブリエ・フロマージュ

レジにビニールシートを設置

仕切りバー越しにパンを注文するスタイル(撮影は2017年)

エントランスからCa marcheの鮮やかなロゴデザインが出迎えてくれます

【採用商品のレシピ】

【西川功晃シェフレシピ】ルーレ・ブリエ

パン・ブリエ生地を細長くのして、サブールを塗って焼いたルーレ・ブリエ。塩とバターの風味が後引くおいしさです。

  • 印刷する

おすすめ記事

これからの製パン・製菓に役立つ情報とレシピ

BAKING STUDIO 記事一覧
MIYOSHI MIRAI PLATFORM
  • NEXT FOOD LAB
  • BAKING STUDIO
  • botanova