ベーキングスタジオは、
これからの製パン・製菓に役立つ
情報とレシピを発信する場です。

森のベーカリー&カフェ様(茨城)『食パン』『菓子パン』への採用事例

  • 印刷する

ミヨシ油脂の製品をお使いの、お客様をの声を掲載しています。森のベーカリー&カフェ様『食パン』『菓子パン』への採用事例をご紹介。

【採用商品紹介】

店名:ポケットファームどきどき 森のベーカリー&カフェ様(茨城)

採用商品名:『食パン』『菓子パン』

ご使用のミヨシ油脂製品 パンテオンセレクトMプロファット10
ミヨシガーリックスプレッドLT、クローネショートニング、コロンボペンシル400LT

ポケットファーム
どきどき
森のベーカリー&カフェ
西山 重明 シェフ

ミヨシさんは、当店が開業した時、代理店の営業の方に材料を依頼したら、一番に油脂サンプルを届けてくれた。それからの付き合いとなります。
農産物直売所の中のベーカリーという特有のお店で、毎日のように季節の野菜・果物が店頭に並ぶため、様々な素材をパンにして、商品化できる環境にあります。食パンや菓子パンなど、ほぼすべてのお店の商品にパンテオンセレクトMやプロファット10、ガーリックスプレッド、サブールなどミヨシさんの製品を使っています。自身が作りたいパンの最終商品としてのイメージにあうパンを作ることができます。
特に、店のパンのベースとなる生地にはプロファット10を使って、冷凍・冷蔵耐性のある生地を作り、そこから副材料を加えて、毎日のように新商品を考えています。

西山重明シェフ

宮城県生まれ。1997年「デンマーク」入社、2001年同店退社。全国農業協同組合連合会茨城県本部入会。ポケットファームどきどき「パン工房マローネ」店長となり、現在に至る。パン作りに研究熱心で、ベースのパン生地に副材料を混ぜ、新しい生地を作る「リミックスプラス製法」を製パン講習会などで披露している。
※2021年8月に店舗リニューアルに伴い、店名変更

【採用店舗紹介】

ポケットファームどきどき 森のベーカリー&カフェ

※取材写真は2020年、パン工房マローネの時のものとなります。

所在地茨城県東茨城郡茨城町下土師高山1945
開店年2001年(ポケットファームどきどき茨城町開業)
スタッフ製造3名、販売3名
お店のこだわり季節ごとの新鮮な国産素材を使って安心安全なパンを届ける
購買層平日は、リタイアされたシニア層
休日はファミリー層
ポケットファームどきどきに平日は1000人、休日は1500~2000人が来場
人気商品チャバタ、ハード系、ピザなど食事系パン

ポケットファームどきどきは、JAいばらきが運営する「自然、農業、食べ物」をテーマにした農業体験型レジャー施設

新鮮な野菜、果物、豆腐、乳製品、肉、パンが揃い、賑わいます

130種ものパンが所狭しと並びます

弊社の営業部員との商談の様子

  • 印刷する

おすすめ記事

これからの製パン・製菓に役立つ情報とレシピ

BAKING STUDIO 記事一覧
MIYOSHI MIRAI PLATFORM
  • NEXT FOOD LAB
  • BAKING STUDIO
  • botanova