ベーキングスタジオは、
これからの製パン・製菓に役立つ
情報とレシピを発信する場です。

【伊原靖友シェフレシピ】手混ぜフォカッチャ

その名の通り手で混ぜ合わせて作るフォカッチャです。
ミキサーを使用するよりも歯切れが良くさっくりとした生地に仕上がります。オリーブオイルに粉末油脂マジカルソフトDXを加えることで老化を防止し、パサつきを気にせず美味しく食べられます。オリーブオイルの香りと塩気がお酒にもよく合います。

パン焼き小屋Zopf
伊原靖友シェフ

トッピング次第でバラエティ化しやすいです。半分はプレーン生地で、残りの半分は具材を入れてもいいですね。ドライトマトとオリーブ、ほうれん草とチーズ、セロリとカマンベールチーズなど。甘いのから総菜系まで作れます。大きな型で焼いてカットするので、成形の手間が少なくなります。

製法のポイント

詳細なレシピは本ページ上部のボタンからダウンロードしてください。

フォカッチャはパサつきが気になりがちですが、オリーブオイルに粉末油脂マジカルソフトDXを加えるという解決法を伊原シェフが編み出してくださいました。

成形で、型がない場合は、天板に広げる方法でOKです。

考案してくださったシェフ

伊原 靖友 シェフ

東京都生まれ。18歳でパン職人を志し、平塚のパン屋で修業し、1986年に父が開いたパン屋を継ぐ。2000年、千葉県松戸市に「Zopf」を開業。1日300種類 のパンを焼き、6000個以上のパンを売る、行列のできる人気のパン屋となる。

パン焼き小屋Zopf(ツオップ)

所在地千葉県松戸市小金原2-14-3
開店年2000年
スタッフ製造32名 パート8名
お店のこだわり「かならずお気に入りのパンが見つかる」がコンセプト。
「普段使いのパン」を大切にしている。
購買層平日はファミリー、土日はファミリーや30~40代女性
人気商品カレーパン、あんぱん、クリームパン、ツオップなど

お問い合わせ・ご相談

製パン・製菓の商品開発や、
当サイトの掲載レシピ・製品に関する
ご相談、サンプル請求など、
お気軽にお問い合わせください。

これからの製パン・製菓に役立つ情報とレシピ

BAKING STUDIO 記事一覧
MIYOSHI MIRAI PLATFORM
  • NEXT FOOD LAB
  • BAKING STUDIO
  • botanova