ベーキングスタジオは、
これからの製パン・製菓に役立つ
情報とレシピを発信する場です。

ノンフライドーナツ(レーズンシュガー)

クロワッサンの成型時に出る端生地を活用した二次加工品です。
今回はクロワッサン生地でご紹介していますが、その他デニッシュ生地でも応用できます。サブールを使用することで、揚げずにドーナツ風の製品を作ることができます。ジュワっと食感とクロワッサンシュー生地のサクふわ食感がマッチする、満足感の高い一品です。

ミヨシ油脂株式会社
レシピ開発担当者 山地

食品ロス削減やアップサイクルの観点から注目が集まっている、端生地を活用しました。成型後冷凍保存ができ、解凍工程なく焼成が可能なため、時短や人手不足対策にもなる、お店にやさしいパンです。
ノンフライでも、満足感の得られるアイテムにしたいと考えました。サブールを焼成後に塗ると、揚げずにジュワっとしたドーナツ風の製品になります。

製法のポイント

詳細なレシピは本ページ上部のボタンからダウンロードしてください。

全卵を混ぜる工程では、加えた全卵が完全に混ざってから、次の全卵を加えるようにしてください。

クロワッサンの端生地を1cm程度に細かく刻むことで、仕上がりが安定します。刻むサイズが大きいと、端生地の膨らみ方により、見た目がばらつきやすくなります。

ここでは使っていませんが、製品の形をより安定させたい場合は、バンズ天板や型の使用をおすすめします。

焼成後にサブールを塗ることで、ジュワっと感を付与できます。 常温で液状の製品なので、溶かす工程なしで使用できます。

成形後の生地を、長期冷凍保管(1カ月程度)する場合は、冷凍生地用改良剤エレメントFSをクロワッサン生地に使用することで、ボリューム低下を防げます。

クロワッサン

冷凍生地用改良剤エレメントFSをクロワッサン生地に使用することで、ボリューム低下を防げます。

お問い合わせ・ご相談

製パン・製菓の商品開発や、
当サイトの掲載レシピ・製品に関する
ご相談、サンプル請求など、
お気軽にお問い合わせください。

これからの製パン・製菓に役立つ情報とレシピ

BAKING STUDIO 記事一覧
MIYOSHI MIRAI PLATFORM
  • NEXT FOOD LAB
  • BAKING STUDIO
  • botanova